鬱の症状に気づくコツ~おかしいなと思ったら早めに相談を~

前向きになるために

男の人

鬱病の治療は、症状によって処方される薬の種類や量が違います。薬は少量から始めて徐々に増やしていくようになります。ある程度症状が安定すると減薬しますが、揺り戻しという正と負の症状を繰り返しながら回復していくことを知っておくことで、ゆっくりと治療することができます。

もっと知ろう

気分障害から回復する

笑顔の女の人

鬱病にかかった場合、抑うつ症状や記憶障害など様々な症状が発生します。症状を適切に緩和したい場合は病院で薬を処方してもらいましょう。医師と共に鬱病治療に臨めば回復に向けてきちんとした指導を受けられます。先の見えない苦しみに悩む必要がありません。

もっと知ろう

病気の予防と対策

カウンセリング

鬱の症状としては、まず「抑うつ状態」と呼ばれている症状がきっかけとして次第に悪化していきます。この抑うつ状態とは、何もやる気が起こらない、著しくだるい、全身に強い倦怠感を感じているなどといった症状です。普段の生活のスタイルにおいて、比較的明朗活発に活動している方の場合にはわかりやすい症状です。しかし普段から物事を細かく真剣に考えすぎてしまったり、生真面目で曲がったことが許せなくいつまでも考え込んでしまう、などといった方はこの抑うつ状態に気がつきにくい場合があります。鬱の場合には、この抑うつ症状が長く継続される事によって次第に内臓の機能が悪化してしまったり、あるいは頭痛の原因となってしまうこともあるため注意が必要なポイントのひとつとなります。他にも鬱の注意点としては、病状が進行しているにも関わらず症状がはっきりとわかりにくい場合があるという事にも注意が必要になります。現在ではインターネット上に様々な鬱に関連している情報が掲載されていたり、他にもうつ病のチェックを行う事ができるポータルサイトも登場して話題を集めています。こうしたサイトを活用して、自分なりに情報を集めておくことによって万が一抑うつ状態が現れた場合にも冷静に対処を行ったり、あるいは改善のための行動を行うといった対応がしやすくなる場合もあるため下調べをしておくのも良いでしょう。なお様々なサイトがある中で、なるべくなら最初は製薬メーカーなどによる公式的な情報を中心にチェックする事が大切です。一般の方にもわかりやすい内容で執筆されているからです。

精神科においてうつ病の治療が行われる場合には、大きく分けて二種類の方法によって治療が行われます。ひとつは、うつ病のための治療薬を活用して改善を試みようとする「薬物療法」です。そしてもうひとつは、心理カウンセラーとの対話によって改善が試みられる「精神療法」です。薬物療法は、うつ病の原因となっている要因に直接的に対処しようとする方法で、比較的即効性がある治療薬もあります。しかしうつ病は根本的な原因が解決されていなければ再び病状が悪化してしまう病気でもあるため、この方法を継続的に続けているだけでは解決しない場合も決して少なくはありません。そこで精神療法による治療が併せて行われます。精神療法では「少し考え込みすぎではないですか」という「気づき」について認識を改めることで、強いストレスからの改善を試みようとする治療法です。精神療法においては実際には患者さんとの関係において様々な治療方法が試みられますが、あくまで一般的なうつ病を患っている人の場合には、ストレスの原因となる要因について認識を改める治療法が行われています。ストレスの原因をうまく解決することができれば、後は内科的な要因による薬物療法になります。薬物療法では、人間の神経伝達物質の働きを整えて気持ちを穏やかにしたり、あるいは落ち込みすぎないようにするための治療薬が活用されます。上記による双方の治療の繰り返しによってうつ病を改善する事ができますが、まずは周囲との人間関係を見直して、併せてしっかりと休養を取ることが大切です。

治らない気分障害ではない

女医

鬱症状の中でも自殺願望を喚起する抑うつ状態は大変つらいものです。こうした症状を乗り越えるために医師や家族の手助けを得るようにしましょう。鬱病治療は心療内科や精神科だけでなくカウンセラーの元で治療する事も可能です。自分にあう治療法を探してみましょう。

もっと知ろう